プロが伝える!庭に砂利を敷くメリットとデメリット

2019年08月31日(土)

お庭をリフォームしたいと考えるとき、
候補にあがるもののひとつに、「砂利敷き」があります。

検討いただくかたは、多くいらっしゃいますが、やはりそこには、多くのメリットがあるから。

今回は、そのメリットの紹介と、
デメリットの部分をお伝えします。

外構工事やお庭のリフォームを考えているかたは、
参考にしてください

庭に砂利を敷くメリット

防犯対策になる

砂利の上を歩くと音がするので、防犯上のメリットとなります。

防犯対策をしているというだけでも、
少し安心ですよね。

ただ、防犯用の砂利は、あえて大きな音が出るように作られていますので、
通常の砂利とうまく使い分けることが大切です。

雑草防止になる

土などが多い庭では、雑草などが生えやすく、手入れが大変です。
もし放置すると、景観が悪くなってしまいますよね。

しかし、砂利なら、雑草などが生えにくく、生えてしまったとしても、
すぐ抜くことができるので、手入れも簡単なので、雑草防止のメリットになります。
  
できるだけ、雑草防止の機能を高めたい場合は、
防草シートを使用したり、砂利を敷く厚さも大切になります。

見栄えが良くなる

砂利と一言でいっても、形や大きさ、色などのバリエーションが豊富にあります。

明るい雰囲気にしたいなど、ご自分の理想の庭や外構に
近づけやくなり、見栄えの良く、ガーデニング効果が得られやすいメリットがあります。

土埃防止になる

砂利なので、風が吹いたときなど、土埃が上がらないというメリットがあります。
土埃が多いと、他の部分に土が舞ってしまい掃除の手間が増えます。
窓に土埃がつくとまた掃除も大変ですよね。

砂利ならそも手間を省くことが可能です

水はけがよい

砂利の層に水が取り込まれ、そのまま流れていくからですね。

もしコンクリート一面などにして、
水はけが悪い場所が出来てしまうと、水たまりができ、
滑って転倒するだけでなく、
虫や蚊が多く発生したりします。

衛生的な部分でも、水はけを良くしてくれる砂利はおすすめです。

費用が安い

コンクリートを打つより、砂利敷きのほうが、安く済むのもメリットです。
上記であげたメリット合わせても、
砂利はコストパフォーマンスのよいものだと思います。

ただ、砂利の種類によっても値段が様々なので注意は必要です。

庭に砂利を敷くデメリット

砂利敷にはメリットだけではありません。
デメリットを抑えることで、
理想の庭づくりの参考にしてください。

掃除がしにくい

砂利は場合によっては、掃除がしにくいことがあります。
それは、落ち葉などを掃く場合、どうしても砂利を巻き込んでしまい、
掃除がしにくいです。一枚一枚拾うことになることもあるでしょう。

また雪が積もった場合も同様で、雪かきがしにくいこともあります

砂利が汚れる

白玉砂利など、白系の砂利は庭の雰囲気に合わせやすく人気ですが、
白系の砂利を敷いた場合、
汚れやコケがでてきてしまうことがあります。

よく歩く場所でしたら、あまりないですが、
砂利があまり動かない場所だと汚れが出てきてしまうことがあります。

もし気になる場合は、白系より青系やグレー系などのシックな色をお選びいただくのも選択肢のひとつです。

車輪が引っかかる

ベビーカーやキャリーカートが通る道に砂利があると、
車輪が引っかかって、動きにくくなることがあります。
自宅内なので、危険度は少ないですが、
気になる方は、導線なども気にして、砂利敷きをすることをおすすめいたします。

まとめ

メリット

  • 防犯対策
  • 雑草防止
  • 見栄えが良くなる
  • 土埃防止
  • 水はけがよい
  • 費用が安い

デメリット

  • 掃除がしにくい
  • 砂利が汚れる
  • 車輪が引っかかる

砂利敷きはメリットのほうが大きい

庭の砂利敷のメリットとデメリットを紹介してきまいたが、
デメリットにさえ注意すれば、
砂利敷きは、理想の庭やガーデニング、外構工事にとって、大きなメリットになると思います。

理想の庭やガーデニングづくりに、砂利敷きを検討されてはいかがでしょうか。

  |  

対応エリア

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・群馬県・茨城県・栃木県 全域対応。その他のエリアの方もご相談ください。

お庭清掃専門隊では業務提携いただける協力店様を募集しております。

対応エリア

Facebook