遮音は、部屋から室外へ漏れていく音と、室外から侵入してくる音の両面を考えます。


部屋の目的によって、どちらがより重要なのかを考えてプランを考えます。
例えば楽器の演奏が目的なら部屋から室外へ漏れていく音。
例えば近隣の騒音を気にしているのなら室外から侵入してくる音。
どのように防音すればよりご要望にあわせた効果を得られるのか。

さらに防音だけでなく、より快適に生活を送っていただくにはどうしたらよいのか。
防建は、お客様のご要望を第一に最適なプランをご提案いたします。



楽器やダンスの音と振動、DIYの音と振動などは、床材を伝わったり、床の隙間を通じて、階下へ騒音となって届きます。
騒音を軽減するためにオススメなのは、隙間をなくすこと、音を伝える床材と音の発生源の間にマットを敷くことです。


音や振動を軽く軽減するためにできること

階下へ音を伝えやすいのはフローリングの床です。遮音効果の低い床材や、フローリングが構造に直張りになっている部屋は、階下へ響く音に注意が必要です。
床の上に、厚手のカーペットを1枚敷くだけでも効果はありますが、ダンスの練習の音、子供の走り回る音までは防げません。

例えばゴム製の防音マットがあります。厚地のものほど防音効果が高いとされています。
まずはこちらを試してみてはいかがでしょう。階下の方への騒音を気にされている場合は、防音の第一歩として多少の効果が見込めます。

どのような素材を選ぶにしても、敷き方は大切です。できるだけ隙間を開けないように、敷き詰めましょう。

現在では、さまざまな市販の防音グッズがあります。
いろいろな組み合わせで試してみてはいかがでしょうか?

もちろん、本格的な防音をご希望の場合は防建にご相談ください。

防音工事なら「防建」






オフィスや店舗の原状回復の範囲は、契約内容に応じて大きく変わってくるうえ正確な基準というものが決められておりません。
一般的には国土交通省の提示する「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を参考に原状回復範囲が決められています。


どこまで回復すればいいの?

契約内容にはよるものの、できる限り「元の状態に戻す」ことが求められてくるので什器を撤去し、室内をクリーニングするだけというわけにはいきません。
新たに部屋を設けるために行った間仕切り工事や、空間演出のために行った造作工事、また、オフィス・店舗内にキッチンを設置するために行った給排水工事など利用者の使い勝手に合わせてテナントの都合で大きく手の加えられた工事のほかに、居住中の不注意によって出来た汚れや傷は修繕の対象に含まれますので、必要に応じてクロスの張り替えや修繕工事を行う必要があります。

オフィスや店舗として使用された賃貸物件の場合

居住目的の賃貸物件に対してオフィスや店舗として使用される貸し店舗は、「借りる側」も事業主であるためその費用は原則100%賃借人が負担し、契約時の元の状態に戻すことが基本です。
では、具体的にどの様な作業が必要になって来るのでしょうか?

●造作や設備機器などを撤去する内装解体工事
●床や壁、天井などを修繕する修繕工事
●水道、電気、ガス、電話回線などの設備工事
●建物の構造体以外の内装を解体するスケルトン工事
●廃材や廃棄物の処理する廃棄物処理

これらの工程を必要に応じて行う義務があります。また、契約内容によるものの貸し店舗件に関しては自然損耗や通常損耗部分の原状回復工事費用も賃借人が負担するのがほとんどです。居住目的の賃貸物件に比べてオフィスや店舗の貸店舗物件の原状回復は賃借人の負担がかなり大きいと言えます。

原状回復を行うタイミングは契約期間後?

オフィスや店舗を使用目的とする貸し賃貸物件では、基本的に契約期間内に原状回復工事を終了させなくてはなりません。万が一、契約期間中に原状回復工事が終わらなかった場合は工事が終わるまでの賃料を賃借人が負担することになるケースがほとんどです。


解体・原状回復


お家をリフォームするにあたって、見えないけれど大切なメンテナンスがあります。経年劣化をする大切な部分ほど気づきにくいものです。

家の点検・メンテナンスは定期的に行うことで家の寿命をもっと伸ばすことが可能です。


1.外壁

外壁材やシーリング材が劣化・損傷すると雨水などが侵入し建物の痛みの原因につながります。時期を見てしっかりと再塗装や再シーリングを行いましょう。(目安:10年)

2.屋根

退職・ひび割れ・ずれ・板金の錆などは雨漏りの原因になります。再塗装やカバー工法、吹き替えなどの方法でメンテナンスをしましょう。(目安:10年)

3.水まわり設備

キッチン・浴室・洗面・トイレなどの設備も経年劣化が大きい箇所です。システムキッチンやユニットバスに交換することで機能性が大きく変わります。また、配管等も老朽化しますので、交換が必要となります。(目安:15年)




冬季剪定に向いている庭木とは

さて、じきに12月です。ここでは冬季の選定に向いている木をご紹介します。

落葉広葉樹や一部の常緑樹、モミジ、アオキ、サルスベリ、ハギ、ウメ、ムクゲ、シマトネリコ、金木犀、ハナミズキ、ゴールドクレストなどが向いています

逆に冬季選定は控えめにした方がいい木もあります。「常緑広葉樹」といった冬でも葉が残る木は、目立って伸びた枝くらい最低限の剪定にとどめておきましょう。