庭木・植木の伐根、気になる費用相場はどのくらい?

2019年05月29日(水)

庭をスッキリさせたい、シロアリなどのトラブルになる前に処分したいと抜根を希望する方は少なくありません。ですが、気になるのはその相場ではありませんか?ここでは、知っておきたい抜根の相場についてお伝えしていきます。

抜根の費用はどうして違いがでるの?

抜根に掛かる費用は、規模によって異なります。そのため、相場を知るにはその基準を確認し、自分のケースに当てはめるとより正確です。ここでは「幹の円周」と「重機の有無」、2つの基準についてチェックしていきます。

幹の円周によって変動

抜根に掛かる費用は、幹の円周に比例します。太い木ほど根も太く、深く広く張る傾向があり、作業の難易度と比例することが原因です。
細い植木程度の切り株であれば、作業員1人で20分もあれば完了するのに対し、幹が2、3メートルともなれば重機も必要です。
作業員の増員はもちろんのこと、抜根後の廃棄についても金額が跳ね上がるため費用がかさむのも頷けます。抜根の料金相場をチェックする際は、抜く予定の切り株の円周を測ることから始めることをおすすめします。

重機の有無によって変動

根は地中に張り巡らされているため土を掘り、抜き出す作業が必要です。
規模が小さければスコップなどでも対応ができますが、重機で掘り出さなければならない場合も少なくありません。まずは掘り出し、切り株を運べるサイズにチェーンソーなどでカットしトラックで搬出、抜根で空いた穴を重機を使って埋め戻すというのが一連の流れです。規模が大きくなれば、大きな重機が必要になるため、必然的に費用も高額になります。
幹の円周と同様に、規模と費用が比例すると考えると分かりやすいでしょう。

切り株の処分費について

木の根なので、燃えるゴミとして処分できる自治体も多くみられます。その場合、よく乾かし土を極力落としてゴミ袋に入れ、指定の日時に出すというのが一般的です。この規模であれば、ゴミ袋の費用だけで処分が完了します。ですが、自治体によっては受け付けていない場合もあるため、確認が必要です。
さらに、重機が必要となるレベルの大きさであれば、業者に依頼して産業廃棄物として処理します。もちろん処分費用が発生しますが、大きさによって相場が異なる場合がほとんどです。
1つ注意するべき点として、処分費用が見積もりに含まれておらず、請求時にトラブルとなるケースもみられるという点です。見積もりは金額だけでなく、内訳を必ず確認しておきましょう。

業者に依頼するポイント

 

抜根を請け負う業者は多くみられますが、どこでも同じ質のサービスが受けられるとは限りません。業者ごとに技術や設備などに差があり、満足度の高い抜根を希望するなら、業者選びは大きなポイントです。優良な業者は、

  • ・専門用語を使わず、分かりやすく説明する
  • ・見積もりの内訳が詳細に書かれている
  • ・必ず現地調査をして見積もりを作成する

という共通点があります。分からない点を納得がいくまで質問し、きちんと答えてくれるなど信頼できそうな雰囲気であることも大切です。電話やメールで聞き取りをして見積もりを出す、あまりに安い見積もりであるといった業者はトラブルになる可能性が高く、おすすめはできません。

まとめ

抜根するための費用は、切り株の規模に比例します。小さな植木程度であれば、個人でも抜根が可能ですが、大きな木となるとやはり体力も重機も知識も必要となるため、専門家に依頼するほうが安全・安心です。

幹の円周と重機の有無で大まかな費用を割り出すことができますが、実際は木の種類や周辺の環境によっても差が出ることが考えられます。抜根をお考えであれば、まず業者に見積もりを依頼するのが一番の近道といえるでしょう。

 

街のお庭清掃隊は、現地に出張し無料にて見積もりを作成しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

  |  

対応エリア

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・群馬県・茨城県・栃木県 全域対応。その他のエリアの方もご相談ください。

お庭清掃専門隊では業務提携いただける協力店様を募集しております。

対応エリア