『剪定』と『伐採』の違いとは。 庭木手入れのための基本知識

2019年09月22日(日)

剪定と伐採の違いや目的を説明できますか?
ご自身で庭木の手入れをされている方でも、その目的まできちんと理解している方は少ないかもしれません。

もし、剪定と伐採の意味をあいまいにしたまま、業者の依頼をすると、取り返しのつかないことになる場合もあるので、注意しましょう。

剪定とは<剪定と伐採の違い>

剪定とは、庭木の余計な枝や葉っぱを切ることです

剪定の目的

剪定の目的は、庭木や生垣の形を整えることで、日の当たりを良くしたり、風通しを良くしたりすることです。そうすることで、きれいに保つだけでなく、庭木や生垣の健康を保つことができます。
また、害虫を抑制する効果もあるため、庭木がより健康に成長するために、剪定することもあります。

剪定の時期・タイミング

剪定の時期は、種類によって変わり、夏と冬の2回行うこともあります
それぞれ、目的や剪定の内容は違うため、タイミングを間違えると、庭木の成長を阻害したりするので、しっかり調べてから行いましょう。

伐採とは<剪定と伐採の違い>

伐採とは、木の根元がら切ることです。
チェーンソーやのこぎりを使って行うもので、ご家庭が庭木で行うことは剪定に比べてすくないですが、森などの伐採などのシーンは、イメージしやすいと思います。

伐採の目的・タイミング

伐採の目的は主に、の敷地やスペース確保のためです
日の当たりをよくする為に、伐採を行ったり、庭に何か建てるときに、邪魔な庭木を伐採したりします。また、害虫などにやられてしまった庭木から、ほかの庭木や草木に害虫が移らないようにするために、伐採することがあります。
また、ご家庭ではあまりないかもしれませんが、森での伐採は、材木の確保が主な目的です。

伐採の時期

伐採の時期は、必要な時に目的に合わせて行うので、都合の良い問題ありません。
しかし、木材として使う場合の伐採は、冬の時期がベスト。 理由は、冬の間の木は、密度があり、締まり良いためです。

業者に依頼するときの注意点

ご家庭の庭木につて、剪定してほしいのか、伐採してほいいのか、はっきり希望を言いましょう。

伐採と剪定の意味を分かっていないと、
剪定だけしてほしかった庭木が、伐採されてしまったり、
伐採してほしい木を、剪定だけで済まされてしまうことがあります。

丁寧に説明してくれる業者もいますが、
ある程度、庭の手入れについて知識があると、
業者との相談もスムーズになり、効率的に進められるでしょう

まとめ

剪定は、形を整えるもの
伐採は、根本から切断するもの

剪定の時期は、種類によって変わるので要注意
伐採の時期は、どんなタイミングでも問題なし

業者に依頼する際の基本的な知識になるので、ご自身で行わなくても、
業者に希望を伝える上で大切なことです。

『剪定』と『伐採』の違いはしっかり覚えて置きましょう。

  |  

対応エリア

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・群馬県・茨城県・栃木県 全域対応。その他のエリアの方もご相談ください。

お庭清掃専門隊では業務提携いただける協力店様を募集しております。

対応エリア

Facebook